暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学の同級生がラルクファンだった

中学の同級生がラルクファンだった。
彼女曰く、週末はラルクの事務所で簡単なバイトをさせてもらっていたらしい。

中学生なのでお金はもらえないが、仕事を手伝ったりして事務所の人に「偉いね~」と
かわいがられていたらしい。
ハイドやその他メンバーと食事に行ったり、バーに連れてってもらったりしていたらしい。
ある時、一般人には極秘で、ディープなファンや関係者の間で「ラルクボックス」が配られたらしい。
メンバーの直筆サインやレアなアイテムや未発表曲のCDが詰まったボックスで、特殊合金で出来ていて
外側にダイヤモンドがちりばめられた「本物の宝箱みたいなボックス」らしい。
それは持ち主の指紋キーでないと開かないようになっていて、もし違う人が触ると、箱からレーザービーム
が出てきて大やけどするようになっているらしい。
「だからみんなには見せられないんだ、悪いけど」と神妙な顔で締めくくっていた。
関連記事
[ 2011/08/13 11:04 ] 中二病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。