暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イエロービスク会

丁度中2の時、隣にいた男子(勉強できる)がノートに一生懸命なんか書いてた。
「何書きよん?」と聞くと、その男子は「今度発表する論文の締め切りが間に合わないんだ」と
焦って頭を掻き毟って(金田一みたいに)いた。普通に感激した私は見せてもらうことになった。

『シュレーディンガーの猫による相対的理論変動』と題されたその論文を斜め読みすると
びっしりと書かれている字、カタカナがいっぱいで知らない単語だらけ。
しかし、斜め読みとはいえ何となく違和感があった文があった。
それは『もしシュレーディンガーの猫が猫であったならばその時、膨大な可能性により
確率的フレッドペリエル粒子の行き場がなくなり、…』という文。
猫が猫であったならって何だ?と思ったがそこは自分の無知だろうと思った。
晩御飯の時、そのことを兄に話すと兄大爆笑。
ちなみに数週間後、彼は制服に金色のバッジ(?のようなものをつけ私に
「この間の理論が認められて、これをもらった」と言ってきた。
その金色のバッジをよくみると、「YEBISU」と書いてあった。
ジロジロとみる私に彼は「発表したのはイエロービスク会という場で
世界中の理論者が集まるんだ。この字はイエロービスクの略字で
優秀な理論を発表した者だけがもらえるものなんだ」と得意気にいった。

その日の晩、父が飲んでいたビールの王冠がイエロービスクのバッジそっくりだった。
関連記事
[ 2011/08/17 00:00 ] 中二病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。