暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本史担当の教師

俺が中学生の頃、日本史担当の教師が、「日本は戦争責任が~」と授業で述べた。


その女性教師は、普段から授業でそんな事を言うってのは結構知られていた。
中にはそうじゃないヤツも居たんだろうけど、多くの生徒は彼女に感化されていたと思う。
んで、うちのクラスでもそんな話をしてたんだけど、その時1人の男子生徒が彼女の話を中断させた。

彼は某国と日本のクォーターだった。
普段からあんまり喋る方じゃなかったんだけど、その時は全然違ってた。

生徒「俺のじいちゃんは、日本の兵隊に優しくしてもらったって言ってました。
    皆礼儀正しく、差別もしない人達だったって」
教師「でも、酷いことも…」
生徒「後から来た、アメリカの方が酷かったって言ってました」
教師「貴方のような考えの人もいるかも知れないけど、それはごく一部で…」
生徒「ごく一部じゃ駄目なんですか?」
教師「そういうことじゃなくて…」
生徒「俺のじいちゃんの国は凄く小さいです。
   他の国に比べれば全然重要じゃないかも知れないけど、
   日本人は、そんな国も大事にしてくれたって言ってました。
   戦争の時、仲良くした日本兵はみんな笑って出掛けて行って、
   誰も帰ってこなかったと言ってました。国旗も日本を真似ました。
   みんな、日本を尊敬しています」


このとき初めて、パラオという国を知った。
それと同時に、遠い南洋の島を守って果てた、多くの日本兵の存在に泣けた。
関連記事
[ 2011/08/23 00:00 ] スカッとする話 | TB(0) | CM(1)
良い話ですなぁ…。
[ 2011/08/23 01:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。