暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「う…っぐ、ぐああ…」みたいなうめきが聞こえてきたんだ

ついさっき学校であったこと。
下校しようと階段を降りてたら、階下から男子の声で
「う…っぐ、ぐああ…」みたいなうめきが聞こえてきたんだ。

えっ何!?持病の発作!?(;゜Д゜)って思って、焦って階段降りて一階に行ってみたら、
廊下にいたのは一学年下の見知らぬ男子生徒。うずくまってうめいてる。
声かけようとして近づいて、その男子が腕に包帯巻いてるのに気付いた瞬間、

男子「ぐ…っし、静まれ、俺の腕よ…ッ」

ここで私、すべてを理解。
腕は本当に怪我してるみたいだったから、きっと嬉しくなってやっちゃったんだね。
誰も見てないと思ったんだね。

私は笑いを殺しながら、彼の肩を叩いた。
そしたら男子、ガバッとこっち振り向いて

男子「離れろ!死にたくなかっ………あっ」

見られてたと気付いた男子、まさに (゜Д゜) こんな顔。
そのあと動揺して「あっ…あ、あ…」とか言い出したんで、とりあえず

私「久しぶりに外に出られた…この小娘は意思が強すぎて困るぜぇ!」

と演技たっぷりに言い放ってダッシュで逃げてきました。

外に出たところで、笑いの限界点突破。ヒィヒィ言いながらふらふら歩く私は
きっと変な奴だったでしょう。

嘘みたいだが実話です。
ちなみに私は高校生。
関連記事
[ 2011/09/11 11:54 ] 中二病 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。