暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グランツーリスモを買いに行ったときの話しだ

860 :1/2:2005/05/23(月) 01:12:42 ID:xpFC+7wo
よし、じゃあ俺がこのスレの住人がスカっとするような武勇伝を語ってみよう。

あれは俺が高校生のときだった。
俺がおもちゃ屋BANBANにグランツーリスモを買いに行ったときの話しだ。

開店前の店の前にはちょっとした行列があった。
先頭は3人の小学生、その次に俺、その後ろにはアキバっぽい兄ちゃん。
そしてその後ろは俺と似たような中高生の兄ちゃん達が並んでいた。
9時58分になったときだ、俺たちは色めき立っていた。
もうすぐ楽しみにしていたグランツーリスモが買える!
小学生もチンコをもみながら(?)シャッターが開くのを待っていた。
そこに金髪のDQNヤンキー高校生がやってきた。
そいつらは先頭に並んでいるのが小学生で、その後ろにいる俺たちも
ケンカが弱そうなオタクだということに気付くと、平気な顔して小学生たちに
「ハイハイ、ちょっとどいて~(プゲラ」って感じで列の先頭に割り込みしてきた。

俺が「クッソ~、ヤンキー達め!」と思っていると、俺の後ろにいたアキバ兄ちゃんが
額のバンダナとメガネを外して
「こら、そこのウジムシ。お前らに5秒やる。さっさと後ろに並べ、チンカス」
とゴングを鳴らした。
そこで、俺は勇気が出てきて、列に並んでいる奴ら全員に
「おい!俺たち全員でかかればヤレるぞ!お前らも手ェ貸せ!!」
と叫んでアキバ兄ちゃんと共にヤンキーに襲い掛かった。

その姿を見て30人のゲームオタクが立ち上がった。

861 :2/2:2005/05/23(月) 01:13:00 ID:xpFC+7wo

ヤンキー3人対オタク30人の猫パンチ!

ものの1分で勝負は着いた。
俺たちはヤンキーを店の裏の物置に閉じ込めると、
善良な市民の顔に戻り、念願のグランツーリスモをゲットした。
俺も含めて、みんな興奮してたのか、グラツーを買ったあとも店の前に
集合して、「なんか今になって震えてきたよ~」とか
「見ず知らずの人と味方になって喧嘩するなんて想像もしなかった」
とか言って意気投合した。

その後は比較的間取りの広い俺の家に集まって、8人くらいで
グランツーリスモ大会をやった。
そのあと皆で吉野家に行ってアドレス交換して解散した。
それ以来年に3回「BANBAN杯 グラツーチャンピオンシップ」が
俺の家で開かれている。
当時の小学生も今は高校生だ。


862 :860:2005/05/23(月) 01:19:27 ID:xpFC+7wo
あ、書き忘れたけど、そのアキバ兄ちゃんは
空手の有段者?かなんかでインターハイにも出場したことがある
実力者らしい。
アキバ君が言うには、ヤンキーが3人割り込んできたところで
自分がグランツーリスモをゲットできることには変わりはないから
別になんとも思わなかったけど、
先頭に並んでいた小学生たちがすごく悲しそうな顔をしていたのを見て
何故だか分からないけど急に怒りがこみ上げてきたらしい。

とりあえず、俺の中ではアキバ君は永遠のヒーローだ。
関連記事
[ 2011/11/20 11:17 ] スカッとする話 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。