暇つぶしオールフィクション

主にスカッとする話、2chの面白いコピペなど紹介していきます。ここに書かれる話はたまにフィクションであり、実在する人物、団体とはあまり関係ありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よく浴槽の中でへんてこなかっこをして遊んだりしてた

662 名前:水先案名無い人 投稿日:03/06/09 22:13 ID:MIR9mhLa
7つとか8つくらいの時のこと。
一人でお風呂に入っていたぼくは、よく浴槽の中でへんてこなかっこをして遊んだりしてた。
その日もちょうど友達から聞いたブリッジというものを浴槽の中でためしたのだ。

手足はお湯の中、顔もお湯の中で、おちんちんだけがお湯から外に出てるというなんともまぬけなかっこうをした。
ところが、まるで浴槽は僕の体に合わせて作られたかのように、浴槽とぼくの体はきっちりとシンクロし(シンクロ率500%くらいだった)、ぼくはまったく身動きがとれなくなってしまったのだ。
「ば、ばぶべべ~っ!」
ぼくはお湯の中で死にそうになりながら助けを求めた。
が、もちろんそんな声など聞こえるわけもなかったらしく、助けは来なかった。
たぶんお湯の上では僕の小さなおちんちんだけが楽しそうにプラプラとダンスを踊っていたことでしょう。
あまりの苦しさにぼくは浴槽を「ダンダダン、ダンダンダダン、ダンダンダン!!!」と激しいビートで叩いた。
死ぬほどたたいた。
するとやっと救いの神がやってきた。
ぼくの体がクラッシュするかと思われるくらい強引に浴槽から引っ張りだされ、ぼくは一命をとりとめた。
「ばかなことやってるんじゃないの! 一度死んでみたいの?」
母親だった。
「小学生児童、おちんちんだけ出したままで溺死」とか書かれずに済んで本当によかった。
しかし、まぬけな姿を母親に見られたのは最悪な思い出となっている。
関連記事
[ 2012/01/04 11:26 ] コピペ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。